プログラミング教育促進に向けた取り組みを菅生学園初等学校と共同で開始

2018.5.30

菅生学園初等学校(東京都あきる野市/校長: 丹治 充)とVSNは共同でプログラミング教育促進の取り組みを開始いたします。

早期からプログラミングと触れる機会を創出し、子どもたちの可能性を引き出す

 2020年の小学校におけるプログラミング授業必修化に向け、プログラミング教育は大きな注目を集めており、その理由のひとつには「ロジカルシンキング(論理的思考)が身に付く」ことが挙げられています。プログラミング教育促進に向けた取り組みでは、ロジカルシンキングに特化した授業を組み込み、効果的に思考力を養えるオリジナルカリキュラムを考案。アンプラグドでロジカルシンキングを学んだ後、パソコンを使用したプログラミングの基礎学習からロボットへのプログラミングまでを体系立てて学んでいきます。
通常の授業では身につけることのできない学びを積極的に取り入れ、子どもたちの将来の可能性を最大限に引き出していきます。
 当社理念を体現すべく、未来のエンジニア人財育成に積極的に取り組んでまいります。

取り組み内容

授業日程
6月7日(木)より全5回による授業を開催予定
授業内容
  • ・ロジカルシンキングを体験しよう
  • ・ロジックの基礎とプログラミング
  • ・ロボットにプログラミング
対象
菅生学園初等学校4〜6年生の全児童

菅生学園初等学校 校長 丹治 充
〒197-0801 東京都あきる野市菅生1468
TEL: 042-559-9101  FAX.042-559-9120

当プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社VSN 広報担当
TEL: 03-5419-8908 /
MAIL: pr@vsn.co.jp