IT技術動向に関する調査

2018.1.25

人材サービスの株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 川崎 健一郎)は、IT技術者を対象に、「今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術に関する動向調査」を実施。
計253名から回答を得ました。

今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は?

調査結果

今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は?

【OS・サーバ・ストレージ・データベース】

AWSが昨年に続いて最も高い結果に。
上位の結果に目立った変化はありませんが「ストレージ仮想化」は昨年と比較すると大きく下回る結果となっています。(図1)

今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は?

【ネットワーク・セキュリティ・運用】

「IDS/IPS」が昨年の8位から1位に。
「WAF」「Zabbix」へのニーズが高まっていることが分かる結果になっています。(図2)

今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は?

【開発ツール・方式・言語】

「Python」が昨年の3位から1位に。
「JavaScript」「Perl」が昨年の圏外から大きく上昇、「Java」「PHP」がやや減少する結果となりました。(図3)

調査概要

調査方法
インターネット調査 他
調査地域
全国
調査対象
当社クライアント
有効回答数
合計253サンプル

調査結果の引用・転載、取材等に関するお問い合わせ先

株式会社VSN 広報担当
TEL: 03-5419-8908 /
MAIL: pr@vsn.co.jp