メニュー

調査リリース

News
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月14日

小学生のプログラミング学習に関する調査

 エンジニア人材サービスの株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 川崎 健一郎)は、小学生の子どもを持つ20~50代の男女を対象に、「小学生のプログラミング学習に関する意識調査」 を実施しました。
調査手法はインターネットリサーチ。 計994名から回答を得ました。

TOPICS

  • 2020年度から必修化される小学校でのプログラミング教育

    小学校での「プログラミング授業」は必要だと思う、47.3%
    理由は「ITテクノロジーの進化を考えると必要と感じる」
  • 子どもが将来、「プログラマー」「エンジニア」になることに「賛成」53.8%
  • 現在、子どもをプログラミング教室に通わせている6.2%
  • 子どもが日常使いこなしているデバイスは
    「スマートフォン」54.7%
    「タブレット」48.1%
    「パソコン」24.5% ※オフィス操作を除く

調査概要

調査方法
インターネット調査
調査地域
全国
調査対象
小学生以下の子どもを持つ20~50代の男女 計994名
有効回答数
合計994サンプル
調査日時
2017年12月1日(金)~12月4日(月)

調査結果

小学校での「プログラミング授業」、約半数が“必要”と感じている。
理由は「ITテクノロジーの進化を考えると必要」。

 2020年度からの小学校でのプログラミング教育必修化にあたって、小学生の子どもを持つ親(男女)に必要性を聞いたところ、47.3%が“必要”という結果に。(図1)
 その理由は「ITテクノロジーの進化を考えると必要」「早いタイミングから基礎知識を身に着けるべきだから」などが挙げられています。(図2)
 また、子どもをプログラミング教室に通わせているのは6.2%と現在はまだ少数であることが分かります。(図3)

---

子どもが将来、プログラマーやエンジニアになることに「賛成」は半数以上。

  子どもが将来、プログラマーやエンジニアになることには53.8%が「賛成」と回答。(図4)
「反対」は1割程度と、賛成意見が大きく上回る結果となりました。

---

子どもが使いこなしているデバイスは「スマートフォン」54.7%、「タブレット」48.1%、「パソコン」24.5%という結果に。

 小学生以下の子どもを持つ男女に子どもが使いこなしているデバイスを聞いたところ、以下の結果に。スマートフォンは既に半数以上が利用していることがわかります。(図5)

---

PDF 新しいウィンドウを開きますニュースリリースPDF版(464KB)のダウンロードはこちら

調査結果の引用・転載、取材等に関するお問い合わせ先

株式会社VSN 広報担当
TEL: 03-5419-8908 / MAIL: pr@vsn.co.jp

お問い合わせ
---
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの上部へ戻る