メニュー

調査リリース

News
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月19日

20代・女性のキャリアチェンジに関する意識調査

 人材サービスの株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 川崎 健一郎)は、全国の20代・女性のビジネスパーソンを対象に、「キャリアチェンジに関する意識調査」を実施しました。
調査手法はインターネットリサーチ。計3,045名から回答を得ました。

TOPICS

  • 38.8%の女性が「現在、キャリアチェンジを考えている」
    その理由は
    「新しいことに挑戦してみたい」
    「現在の職業に不安を感じる」が上位の結果に
  • 未経験からでもチャレンジしてみたい職種は
    1位: 事務
    2位: デザイナー (ファッション関係)
    3位: デザイナー (クリエイティブ関係)
  • キャリアチェンジするうえで最も必要だと思うスキルは
    コミュニケーションスキル

調査概要

調査方法
インターネット調査
調査地域
全国
調査対象
20代・女性のビジネスパーソン3,045名
有効回答数
3,045サンプル
調査日時
2017年8月25日(金)~8月31日(木)

調査結果

20代・女性の約4割が現在、キャリアチェンジを考えている。
その理由は「新しいことに挑戦してみたい」がトップの結果に。

 20代の女性を対象に現在、キャリアチェンジについてどのように考えているかを聞いたところ、約4割の方が新たなキャリアに進みたいと考えていることがわかりました。(図1)
 その理由として上位に挙げられたのは「新しいことに挑戦してみたいから」「現在の職業に不安を感じるから」という結果になりました。(図2)

---

未経験から挑戦したい職種、トップは事務職、次いでデザイナー(ファッション関係)という結果に。

 未経験からでも挑戦したい職種を聞いたところ、「事務職」が約4割でトップの結果に。(図3)
事務職に挑戦したい理由は「働きやすそうだから」が最も多く挙げられました。
次いでデザイナー(ファッション関係/クリエイティブ関係)が上位に。その理由には「給与がよさそう」「自身の能力に合っていると思う」などの意見がみられました。

---

キャリアチェンジをするために必要だと感じているスキルは「コミュニケーションスキル」。

 キャリアチェンジをするために必要だと感じているスキルについては「コミュニケーションスキル」がトップに。(図4)
また、キャリアチェンジのために現在行っているのは「情報収集」が上位の回答となりました。(図5)

---

PDF 新しいウィンドウを開きますニュースリリースPDF版(251KB)のダウンロードはこちら

調査結果の引用・転載、取材等に関するお問い合わせ先

株式会社VSN 広報担当
TEL: 03-5419-8908 / MAIL: pr@vsn.co.jp

お問い合わせ
---
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュース

ページの上部へ戻る