メニュー

調査リリース

News
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年2月27日
株式会社VSN

プレミアムフライデーに関する実態調査

 人材サービスの株式会社VSN(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 健一郎)は、全国・男女20〜50代のビジネスパーソンを対象に、「プレミアムフライデーに関する実態調査」を実施しました。調査手法はインターネットリサーチ。計1,704名から回答を得ました。

TOPICS

  • 2月24日(金)からスタートした「プレミアムフライデー」、
    88.8%が知っていると回答
  • はじめての「プレミアムフライデー」の過ごし方は、
    「何もしなかった」が43.9%
  • 「プレミアムフライデー」は「いい取り組みだと思うが自分には関係ない」47.8%
  • 次回の「プレミアムフライデー」何か行う予定ですか?
    「はい」12.9%

調査概要

調査方法
インターネット調査
調査地域
全国
調査対象
20~50代のビジネスパーソン、男女1,704名
有効回答数
合計1,704サンプル(男性876サンプル・女性828サンプル)
調査日時
2017年2月24日(金)~2月26日(日)

調査結果

「プレミアムフライデー」、“知っている”と回答したのは全体の88.8%。
性別・年代問わず高い認知率に。

 2月24日(金)からスタートした「プレミアムフライデー」。その取り組みを知っているか聞いたところ、88.8%が「知っている」と回答。(図1)
当日はテレビの情報番組などでも広く話題になっており、性別・年代別でも大きな差はなく、広く認知されていたことがわかる結果となりました。

---

初めての「プレミアムフライデー」は“何もしなかった”が最多。
当日、キャンペーンなどを活用したのは全体の僅か5%に。

 初めての「プレミアムフライデー」当日、何をして過ごしたかを聞いたところ、“特に何もしなかった”がトップ、次いで“仕事”という結果に。(図2)
「プレミアムフライデー」を楽しんだ方は少数だったことがわかる結果となりました。

---

「プレミアムフライデー」、肯定的であるものの“自分には関係ない”という感想が多数。

 「プレミアムフライデー」の取り組みをどのように感じているか聞いたところ、最も多かったのが“いい取り組みだと思うが自分には関係ない”という結果に。(図3)
 多くのビジネスパーソンが肯定的であることがわかる結果となりました。

---

次回の「プレミアムフライデー」、予定を考えているのは全体の12.9%に。

 次回の「プレミアムフライデー」では予定を考えているかの問いに“はい”と回答したのは全体で12.9%の結果になりました。(図4)
スタートしたばかりの「プレミアムフライデー」、今後の浸透に期待が高まります。

---

PDF 新しいウィンドウを開きますニュースリリースPDF版(725KB)のダウンロードはこちら

調査結果の引用・転載、取材等に関するお問い合わせ

株式会社VSN 広報担当
TEL: 03-5419-8908 / MAIL: pr@vsn.co.jp

お問い合わせ
---
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュース

ページの上部へ戻る