女性の復職に関する調査

2016.9.14

エンジニア人材サービスの株式会社VSN(本社: 東京都港区、代表取締役社長:川崎 健一郎)は、出産を経て「復職」経験のある全国・10~40代の女性を対象に、女性の復職に関する調査を実施しました。
調査手法はインターネットリサーチ。計871名から回答を得ました。

調査結果のまとめ

  • 復職後、“理想通りに働けている”と感じているのは 62.3%
  • 出産~育児休暇~復職後、“転職”した経験があるのは 約4割
    その要因は
    「働きづらくなった」
    「仕事と育児の両立ができなくなった」
  • 育児をしながら働くうえで必要だと感じたのは
    「人間関係」「コミュニケーション力」
  • 復職後、復職前よりも収入が「下がった」は57.9%
  • 「時短勤務」で働いているのは全体の45.1%

調査概要

調査方法
インターネット調査
調査地域
全国
調査対象
出産を経て復職経験のある10~40代の女性 計871名
有効回答数
合計871サンプル
調査日時
2016年9月6日(火)~9月8日(木)

調査結果

復職後、転職した経験があるのは全体の39.5%。
転職理由は「働きづらくなった」「仕事と育児の両立ができなくなった」「休職前のような働き方ができなくなった」が上位に。

出産~育児休暇を経て復職経験がある女性に復職後の転職の有無について聞いたところ、「ある」が全体で39.5%。(図1)
転職の理由は「働きづらくなった」「仕事と育児の両立ができなくなった」「休職前のような働き方ができなくなった」などが上位の結果に。(図2)

復職後、“希望通りに働けている”と感じているのは62.3%。
育児をしながら働くうえで必要だと感じたのは「幅広い人間関係」「コミュニケーションスキル」「専門能力」という結果に。

復職後、労働環境や条件面等、“希望通りに働けている”と回答したのは62.3%という結果に。(図3)
育児をしながら働いている中で、必要だと感じたものは「幅広い人間関係」「コミュニケーションスキル」「専門能力」などが上位に挙げられています。(図4)

復職後の収入は以前よりも「下がった」が57.9%。
年代別に比較してみると20代は7割が「下がった」と回答。

復職後の収入面について聞いたところ、時短等により「下がった」が約6割の結果に。(図5)
年代別で比較したところ、20代の70%は収入が下がっており、30代は59.7%、40代は49.2% と世代によって差があることが分かる結果となっています。

復職後、「時短」で働いているのは全体の約半数。
管理職として働いているのは18.7%。好ましい上司は「男性でも女性でも、どちらでもよい」が47.2%という結果に。

復職後、時短で働いているのは全体の39.5%。(図6)
また、管理職として働いている方は2割に満たない結果に。(図7)
上司には男性・女性のどちらが好ましいかを聞いたところ「どちらでもいい」が47.2%で最も高く、性別はあまり関係していないことが分かる結果となりました。(図8)

調査結果の引用・転載、取材等に関するお問い合わせ先

株式会社VSN 広報担当

MAIL: pr@vsn.co.jp