メニュー

調査リリース

News
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年1月6日
株式会社VSN

ビジネスパーソンによる2016年・新年の意識調査

 人材サービスの株式会社VSN(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 健一郎)は、全国・男女20〜50代のビジネスパーソンを対象に、「ビジネスパーソンによる新年の意識調査」を実施しました。
調査手法はインターネットリサーチ。計1,105名から回答を得ました。

TOPICS

  • 2016年、楽しみにしているのはリオデジャネイロオリンピック
  • 今年、進化に期待しているテクノロジーは自動運転システム
  • 2016年、力を入れたいことは「貯金」「健康増進」「趣味」
  • 昨年同様、最も不安を感じているのは同時多発テロ

調査概要

調査方法
インターネット調査
調査地域
全国
調査対象
20〜50代のビジネスパーソン、男女 合計1,105名
有効回答数
合計1,105サンプル(男性552サンプル・女性553サンプル)
調査日時
2015年12月24日(木)~12月29日(火)

調査結果

2016年、楽しみにしているのは「リオデジャネイロオリンピック」。
次いで「北海道新幹線の開業」という結果に。

 2016年、予定されているイベントや行事の中から楽しみにしているモノを聞いたところ、8月に行われる「リオデジャネイロオリンピック」が22.4%でトップに。
次いで「北海道新幹線開業」「山の日(新しい祝日)」という結果になりました。(図1)

---

今年、期待しているテクノロジーは「自動運転システム」。
次いで「健康管理」「スマート家電」という結果に。

 更なる進化に期待しているテクノロジーは「自動運転システム」がトップになりましたが、性別で比較すると大きな差がある結果となっています。 (図2)
また、「位置情報による交通サービス」についても男女による期待の差が分かれています。

---

新年から力を入れたいことは全体の約4割で「貯金」がトップ。
次いで「健康増進」「趣味」という結果に。

 新たな年のはじめに抱負や目標を立てる方も多いと思います。その中で”今年は力を入れたいこと”は何かを聞いたところ「貯金」が37.6%でトップの結果に。(図3)
男性は「趣味」や「仕事」にも意欲が高いことがわかる結果になりました。

---

昨年に引き続き、不安を感じているのは「同時多発テロ」。
女性は「自然災害」「老後の生活・年金」が上位の結果に。

 2015年から引き続き、不安と感じていることは何かを聞いたところ、「同時多発テロ」がトップに。 (図4)
「同時多発テロ」「自然災害」は、年代が上がるほどより強く不安に感じていることが分かりました。

PDF 新しいウィンドウを開きますニュースリリースPDF版(703KB)のダウンロードはこちら

調査結果の引用・転載、取材等に関するお問い合わせ

株式会社VSN 広報担当
TEL: 03-5419-8908 / MAIL: pr@vsn.co.jp

お問い合わせ
---
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュース

ページの上部へ戻る