Innovative Engineers

新たな環境に飛び込み、自分の限界を超えていく。
出会いによって生まれるイノベーションとは

ITエンジニア

Y.S

2017年中途入社。異業種から、持ち前のチャレンジ精神を発揮し、IT業界に飛び込む。現在は大手通信会社でIoT案件のプロジェクトマネージャーとシステム提案業務に従事。社内活動にも積極的に参加しつつ、新たな価値の創造に日々励んでいる。

限界を突破するワークスタイルとは

最初は料理人、その後にIT企業にてソフトウェアのエンジニアとして働き始めました。がらりと職種を変えたのは、これからの時代に合った技術力を身につけたかったからです。
もちろん最初は分からないことばかりでしたが、目の前の仕事に必死で取り組んでいるうちに、「開発⇒設計⇒プロジェクト管理」と任されることが変化していきました。しかし一方で、ステップアップしていくとともに成長の天井みたいなものを感じるようになりました。「もっと大きな仕事にチャレンジしたい」「もっと技術者としてのレベルを上げたい」という思いが強くなり、環境を変える決意をしました。

VSNに入社してまず驚いたのが、派遣先に業界最大手の企業が数多くあることです。私が派遣された就業先も時代をリードするトップエンジニアたちが働いている現場でした。長く同じ環境の中にいると、仕事に慣れて一人前になったと錯覚しがちです。でも一歩外に出てみると、世の中にはこんなにすごい人達がいるのだということに改めて気づかされましたね。

また、仕事の仕方もがらりと変わりました。前職のIT企業での業務は主にシステム開発だったので、重要なのはコストと納期を遵守し、きっちり仕様通りに動くものをつくること。全体のソリューションというのは考えもしませんでした。
しかし現在はIoTやAIなどの業務に携わる中で、「お客様が展開しているビジネスはなにか」「お客様にとって価値のある情報とはなにか」など、ひとつ高い位置からプロジェクト全体を見渡せるようになりました。日進月歩するIT技術の世界で働いていると困難な問題や課題にぶつかることは日常茶飯事です。ただ、そのおかげで新しい知識や経験を手に入れることができています。今は成長が止まることはありません。

イチから問題解決に取り組む責任とやりがい

未知の領域に挑戦することは、絶対に自分にとってプラスになると信じています。だから「地方創生VI‐2019」という取り組みが開始すると知ったときは、すぐに手をあげました。VSNが行う地方創生は、地方自治体や地域在住者と連携しながら、バリューチェーン・イノベーターの思考を駆使して地方自治体が抱える様々な社会課題の解決にあたります。

先日は実際に地方に赴き、地域住民の方々から今抱えている悩みについて直接お話を伺ってきました。私たちが得意とするテクノロジーを活用したソリューションを提供するだけでは解決が難しいと思える根深い問題もありましたが、重要なのは背景にある本質的な課題をしっかり捉え、それに対して何が実現できるのかをロジカルに考えていくことだと思います。

このプロジェクトは関係者も多岐にわたり、責任が大きい仕事ですが、地域の活性化に自身の経験が活かせるというのは、エンジニアとしての誇りにもなっています。地域住民の知識・経験、テクノロジー、自身の経験などを繋げて、新しい価値をつくっていけたらと思っています。このようにエンジニアという仕事を軸に、あらゆる方面に能力の可能性を広げていくことは、以前の会社にいた頃には想像もできませんでした。

小さな挑戦の繰り返しが、大きな変化と成功に繋がる

仕事をする上で大事にしているのは、失敗からの学びを大切にすることです。時には「失敗したな」と思うこともありますが、失敗から学ぶことで、未来の大きな成功に結びつくと確信しています。ありがたいことにVSNは、新しい企画や挑戦を受け入れてくれる土壌があります。だからこそ失敗を恐れず、技術者として成長できる機会を得るために積極的にチャレンジすることができるのです。

とはいっても新しいことにチャレンジをするには、やはり勇気がいります。色々な場面において積極的に挑戦してきましたが、正直、いつも怖いという気持ちはありました。だから最初は小さなことから始めてもいいと思います。私自身、これまでを振り返ると、小さな挑戦の繰り返しが大きな変化に繋がってきたと実感しています。例えばIT業界に転職したことで、時代が求める技術を手に入れ、その後VSNに入社することで大手企業の方々に最先端テクノロジーを活用したシステム提案ができるようになりました。しかし最初から今の働き方を予測できていたわけではありません。その瞬間ごとに、最善な方向にステップアップしていくことが重要なのです。
だからこそ、成長したいと考えている方々には、小さなことでも何か新しい挑戦をしていただきたいと思っています。人生100年時代、何歳になってもチャレンジするのに遅すぎるということはありません。